HOME > マンション向けネットサービス > インターネットマンションとは

インターネットマンションとは

インターネットマンションとは~インターネット接続環境が最初から整備されているマンション

ネットワーク図

ときおり耳にするインターネットマンションという言葉。
具体的にはどのようなものでしょう?

マンション建設時から共用の設備として各住戸をはじめとした棟内各拠点でインターネットに接続できる環境を整え、マンション居住者全員でシェアする形態を持つマンションが「インターネットマンション」と呼ばれています。

竣工時点で各住戸にインターネット接続口が整備されているため、面倒な設定やルーターなどの機器の用意が不要なことが多く、また、シェア型であるためにサービス利用料金が比較的安価で、かつ、将来的な品質向上・新サービスの追加導入が行い易いことが特徴です。

インターネットマンション専門のプロバイダ~テンフィートライトはマンション向けインターネット接続事業者の老舗

マンションを持っている人 「マンション専門のプロバイダ」がどのようなものかご存知ですか?
個人加入型のプロバイダとは違い、大々的な宣伝広告を行わないので「知らなかったし、聞いたことがない」「よくわからない」と思われる方が多いのではないでしょうか。

テンフィートライトは、インターネットマンションが世に出始めたばかりの1990年代後半より、マンションに特化したインターネットサービスを日本全国で展開してきました。※1
マンション全体でコストパフォーマンスに優れた常時接続型のブロードバンドや付帯サービスを利用できるよう、建設段階からインターネットとそれに関わる様々なサービスをデザインします。

すでに電気・ガス・水道に次ぐ大切なインフラとなったインターネットに個別で加入するのではなく、マンションという集合体の特性を活かし、そこにお住まいの皆様が割安にご利用いただけるのが、マンション専門プロバイダを使う大きなメリットの一つです。

ネットワーク設計や建物内工事、共用部機器の保守管理・メンテナンスをはじめ、インターネット接続に必要なアクセス回線とプロバイダ契約をセットにしたインターネットサービスプロバイダとして、当該マンションにお住いの皆様に高品質で安価な光インターネット環境をご提供し続けています。

※1:テンフィートライトは、集合住宅向けインターネット接続サービス提供会社であった株式会社バード・ビューと、 東証一部上場の機械商社である西華産業株式会社のIT部門であったDCN(デジタルコミュニティネットワーク)が、それぞれのノウハウをもとに2008年に合併し誕生いたしました。どちらも、マンション一括加入型のインターネットサービスが世に出始めた頃から専門事業者としてサービスをご提供しています。

HOME > マンション向けネットサービス > インターネットマンションとは
ページトップへ