Ten Feet Wright

MENUCLOSE

CASE STUDY取組事例

私たちは、
最高のお客様に
支えられています

ーお客様とのエピソード集ー

「こんなに遅くまで対応してくれてありがとう」
「こんなことまで丁寧に教えてくれてありがとう」

私たちのインターネットサービスデスクはもちろん、マンションでのコミュニティ活動を通しても、こうしたお客様からのお優しいお言葉を数多くいただいております。お困りごとがあってお電話をくださったお客様が、私たちのことを気にかけたお言葉をくださる――。私たちは、このような素晴らしいお客様に支えられていることを喜びとしながら、日々業務にあたっています。

ここでは、そうしたお客様との心温まるエピソードをいくつかご紹介いたします。

「今年も『ゆいぽた』訓練やるんでしょ?
僕、宣伝するよ」

とあるマンションでは、毎年、マンション主催の夏祭りの中で災害共助SNS『ゆいぽた』を活用した防災訓練を実施しています。あるとき、夏祭りの最中に居住者のお子様から「今年も『ゆいぽた』訓練やるんでしょ? 僕、宣伝するよ』と頼もしいお言葉をかけていただきました。そして、お友達たちに『ゆいぽた』のユーザー登録方法などを指南されるなど、私たちのPR活動をお手伝いしてくださいました。その姿からは、マンション内や地域のコミュニティを率いる将来のリーダー像を思い描くことができました。また来年もお会いできますことを心から楽しみにしています。

「こんな時間までご苦労さま」

インターネットサービスデスクでは、私たちの第一声である「インターネットサービスデスクです」 の声に呼応して、お客様から「ご苦労さま」というお声がけをいただくことがあります。「お盆休み中なのに、ご苦労様さま」「お正月早々ご出勤、ご苦労さま」「こんな時間まで、ご苦労さま」……。私たちは、相手を思いやり、労える、優しい心を持った素晴らしいお客様たちに支えられていることを実感しています。

「お客様がとてもお優しくて、もっとお節介を焼きたくなるんです」

インターネットサービスデスクで働くオペレーターとの雑談の中で、『私たちのお客様は皆さんとてもお優しくて、もっとお節介を焼きたくなるんです』という声がありました。素晴らしいお客様のために仕事をすることのできる歓びは、お客様に対してもっと貢献したいという私たちの意欲を掻き立てます。最高のお客様が、私たちが最高の仕事をするための循環をつくってくださっています。

『テンフィートライト社長様』
と宛名書きされたお手紙

あるとき、「テンフィートライト社長様」と宛名書きされたお手紙が届きました。封を開けるとそこには達筆な字で書かれた便箋が数枚入っていました。当社の社員が、本社近くの日本橋界隈で道に迷われていた差出人のご婦人にお声をかけ、近くだからと目的地までお連れしたとのこと。そこにはぎっしりと、感謝の言葉が並んでいました。心温まるご婦人のご厚情に胸が熱くなると同時に、素晴らしい行動をした私たちの仲間を誇りに思います。

ここでご紹介したエピソードは、ほんの一部ですが、私たちが当たり前だと思って行っている行動に対していただくこうした温かい応援や感謝のお言葉は、私たちにとって大きな励みとなります。

そして、もっと良い仕事をしたい!という意欲が自然と 湧き出る源となっています。